久屋大通りと桜通りが交わる「桜通久屋」の南東角でNTT開発が建設している「アーバンネット名古屋ネクスタ」ビル。前回投稿から一ヶ月弱が経ちました。躯体は順調に上に伸びています。

アーバンネット名古屋ネクスタビル(11月7日 撮影)

アーバンネット名古屋ネクスタビルの前回投稿はこちら

現場は躯体工事の真っ只中。躯体は4階のあたりまで伸びてきています。

アーバンネット名古屋ネクスタビルは、地上20階、地下1階。高さ91.46メートル。低層階が商業施設、高層階がオフィスフロアになる予定です。

完成イメージ

目の前には先日オープしたばかりの久屋大通公園の商業施設「RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード久屋大通パーク)」が広がっています。

RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード久屋大通パーク)についてはこちら

またこれもまた先日リニューアルオープンしたばかりのセントラルパークと、地下で直結する予定です。ビルの前の歩道では、セントラルパークとの直結工事も進んでいます。

セントラルパークとの直結工事(11月7日 撮影)

セントラルパークのリニューアルについてはこちら

アーバンネット名古屋ネクスタビルは2022年春の開業予定。このところ大きく変貌を遂げている久屋大通周辺。ビルが完成すれば、さらに街が華やかになりそうです。

カテゴリー: 未分類

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です