先日リニューアルオープンした久屋大通公園の真下に広がる地下街「セントラルパーク」。その「セントラルパーク」がリニューアルを終え11月6日に開業しました。

セントラルパーク(11月7日 撮影)

リニューアルオープン後の最初の週末、地下街は大勢の人で賑わっていました。今回のリニューアルで新たにオープンしたのは14店舗。そのなかでも人気を集めていたのは名古屋初進出となる「cheeseとはちみつ栄セントラルパーク店」です。

「cheeseとはちみつ栄セントラルパーク店」(11月7日 撮影)

チーズとはちみつにこだわったコンパクトカフェ。店の前には、女性客を中心に長い列ができていました。

さらにこちらも名古屋初出店となる「PIETRO A DAY SOUP SHOP & CAFÉ 名古屋セントラルパーク店」。ドレッシングやパスタソースなどでお馴染みの福岡本社の食品会社「ピエトロ」の直営店です。

「PIETRO A DAY SOUP SHOP & CAFÉ 名古屋セントラルパーク店」(11月7日 撮影)

店舗内にはイートインコーナーも設けられていて、こちらも大勢の人で賑わっていました。

9月に地上にオープンしたばかりの久屋大通公園の商業施設「RAYARD Hisaya-odori PARK(レイヤード久屋大通パーク)」との相乗効果も期待できるほか、同じ11月6日には栄交差点にパルコが運営する商業施設「BINO栄(ビーノ栄)」もオープンしており、栄全体の賑わいが増すことになりそうです。

「RAYARD Hisaya-odori PARK(レイヤード久屋大通パーク)」についてはこちら

「BINO栄(ビーノ栄)」のオープンについてはこちら

カテゴリー: 久屋大通公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です