テレビ塔の北側。久屋大通りと桜通りの交差点の南東角の旧住商ビル跡地で開発が進んでいる「アーバンネット名古屋ネクスト」ビル。前回投稿から一ヶ月が経ちました。前回投稿で躯体工事がはじまったことをお伝えしましたが、順調に躯体が上昇しているようです。

アーバンネット名古屋ネクスタ(10月17日 撮影)

「アーバンネット名古屋ネクスタビル」の前回投稿はこちら

前回投稿時は躯体工事がはじまったばかりで、一部で躯体が上に伸びはじめたにすぎませんでしたが、現在は敷地全体で躯体が上に伸びています。最も躯体が上に伸びているところでは4階まで骨組みが進んでいます。

「アーバンネット名古屋ネクスタビル」は、地上20階、地下1階。高さ91.46メートル。

写真奥の「アーバンネット名古屋ビル」と同じNTT都市開発が開発を進めていて、ブロック全体で一体的に整備が進められています。低層部には商業施設も入るオフィスビルです。

完成予想図

開業は2022年春の予定。先月9月には久屋大通公園もリニューアルオープンし、この一帯は今、予想を超える人出が押し寄せています。

開業は一年半後の2022年春。栄地区の目玉開発の一つだけに、今後も頻繁に状況の変化をお伝えしたいと思います。

アーバンネット名古屋ネクスタビルのその後についてはこちら

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です