伏見駅の南西のブロック。中区栄一丁目で建設中の「テスク新本社ビル」。前回投稿から半年が経ち、建設は大きく進んでいました。

テスク新本社ビル(8月4日 撮影)

テスク新本社ビルの前回投稿はこちら

建物に被せられていたシートが徐々に外されていて、新本社ビルがベールを脱ぎました。黒とガラスウォールの外観で、洗練されたオフィスビルです。

新本社は地上7階建て、高さ33.63メートル。テスクは1974年創業の会社で、スーパーや卸売業の販売管理支援に特化したソフトウェア企業です。2002年には名証2部にも上場を果たしています。

決算短信によりますと2020年3月期の営業利益は対前年比118%の17億5,800万、経常利益に至っては対前年比203.7%の2億2,500万と、いま急激に成長している企業です。現在は名古屋市熱田区に本社がありますが、新本社移転を機にまた大きく飛躍することを期待したいです。

 

カテゴリー: 伏見

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です