東区葵一丁目。地下鉄東山線の「新栄町駅」の北側で建設が進んでいる住友不動産のタワーマンション「シティタワー葵」。前回投稿から3ヶ月。躯体はさらに上に伸びています。

シティタワー葵(5月4日 撮影)

シティタワー葵の前回投稿はこちら

国道19号線から。躯体は積みあがり、周囲の建物から頭一つ高くなりました。

シティタワー葵(5月4日 撮影)

躯体は現在15階まで伸びています。市内有数の総戸数354戸の巨大マンション。近くに行くとかなり迫力があります。躯体の高さは15階まで伸びてきました。ただ完成すれば、地上20階建てとなるので、今後もさらに上に躯体が伸びます。

シティタワー葵(5月5日 撮影)

低層階では、一部シートが外されていました。ここでは外観がほぼ完成しているようにみえます。

シティタワー葵は地上20階建て、高さ59.635メートル。総戸数354戸の大型分譲マンションです。

シティタワー葵 完成予想図

入居の開始は、まだ一年以上先の2021年7月です。

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です