中区栄一丁目。ヒルトン名古屋の東のブロックで建設中の「ローレルタワー名古屋栄」。前回投稿から一ヶ月あまり。躯体は着々と上に伸びてきています。

11月2日 撮影

ローレルタワー名古屋栄の前回投稿はこちら

目視をする限り躯体は7階のあたりまで伸びてきました。名古屋ではテレビCMもはじまっているようで分譲販売も、本格的にはじまっているようです。

11月2日 撮影

中の様子を一部垣間見ることができました。おそらくエントランスになる部分です。内装についてはまだほとんど手付かずのようです。

建物東のヒルトン名古屋側から。奥にみえるのは超高層マンション「グランドメゾン御園座タワー」です。この界隈は、セキスイハイム東海(浜松市)も、「タワー・ザ・ファースト名古屋栄」と「タワー・ザ・ファースト名古屋伏見」の2つのタワーマンションを相次いで建設中です。この一角は、ここ数年で市内でも一二を争うタワーマンション街に成長します。

タワー・ザ・ファースト名古屋栄についてはこちら

タワー・ザ・ファースト名古屋伏見についてはこちら

「ローレルタワー名古屋栄」は、地上21階建て。高さ72.65メートル。

完成イメージ

総戸数124戸。名古屋市内では珍しい分譲(76戸)と賃貸(48戸)が混在するタワーマンションです。2021に入居が開始されます。




 

カテゴリー: 伏見

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です