竣工間近・・・「プラウドタワー名古屋錦」 (名古屋・錦二丁目7番第一種市街地再開発事業)2022年1月

竣工間近・・・「プラウドタワー名古屋錦」 (名古屋・錦二丁目7番第一種市街地再開発事業)2022年1月

伏見通りと桜通りが交わる「日銀前交差点」からやや南西へ行ったところの中区錦二丁目。超高層タワーマンション「プラウドタワー名古屋錦」(名古屋・錦二丁目7番第一種市街地再開発事業)。竣工に向け工事は、最終盤に差し掛かっています。

プラウドタワー名古屋錦(12月28日 撮影)

前回投稿から3ヶ月が経ちました。プラウドタワー名古屋錦などが入るA棟は、概ね完成しているようです。現在は、敷地南側、商業施設や駐車場などが入るB棟の建設が進んでいます。

「プラウドタワー名古屋錦」(名古屋・錦二丁目7番 第一種市街地再開発事業)のその後についてはこちら

再開発の中心となっているA棟は、地上30階建て、高さ110.680メートル。高層階に「プラウドタワー名古屋錦」(総戸数360戸)、低層階に高齢者向け住宅(42戸)が入る予定です。

少々、意外かもしれませんが、名古屋市内で100メートルを越える建物が完成するのは、2019年2月に竣工した栄タワーヒルズ(100.8メートル)以来、実に3年ぶりになります。

名古屋市内では、基本100メートル以上の建物を建設する際に、事業者に周辺環境への影響を調査し、開示する「環境アセスメント」が義務づけられていて、これまで多くの建物が、100メートルをギリギリ越えない形で建設されてきました。

ただ、名駅、栄地区など再開発の開発要件が緩和される「都心再生緊急整備地域」では、2017年に、環境アセスの対象を高さ100メートルから180メートルの建物に引き上げられることが決まっています。両都心部を中心に、今後は100メートルを越える超高層ビルの建設が加速することを期待したいです。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish