地元海運会社がまた一社・・・「愛知海運」も新本社建て替えへ2021年5月

地元海運会社がまた一社・・・「愛知海運」も新本社建て替えへ2021年5月

港区浜2丁目。名古屋港ガーデンふ頭から江川線を北に数百メートルいったところで、名古屋に本拠を置く中堅海運会社「愛知海運」が、新本社の建設をはじめています。

愛知海運新本社(4月30日 撮影)

工事の着手は昨年(2020年)11月。現在は基礎工事がほぼ終わり、躯体工事がはじまったといったところのようです。

愛知海運新本社は地上6階建て。投資額は70億円にのぼるということです。

愛知海運新社屋 完成イメージ(公式HPより)

愛知海運は戦中の1943年創業(1943年)。公式HPによりますと売上高169億2,300万、経常利益8億9,200万(2019年度)。海運会社としてはそれほど大きい会社ではありませんが、このご時世に売り上げは右肩上がり。さらに、純資産が84億2,700万にのぼっていて、勢いがありそうです。

愛知海運 旧社屋

旧本社は江川線を挟んで向かい側。4階建てのビルです。旧社屋と比較するとかなりグレードアップすることになりそうです。

名古屋の海運会社では、名港海運がガーデンふ頭に地上18階建て、高さ80.456メートルの高層の新社屋を建設中です。

名港ビルディング(名港海運新本社)ビルの建設の様子についてはこちら

旧来からある業種で正直あまり目立たず、一時は斜陽ともいわれた海運業界ですが、経済がグローバル化すればする中で、まだまだ伸びる余地の高い業種であるのではないかと思います。今後も地元の海運業界の発展が、名古屋港のさらなる発展に繋がることを期待したいです。

愛知海運新社屋建設工事のその後についてはこちら

 

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish