地下鉄「名古屋港」駅から東へ数百メートルいったところの名古屋港ガーデンふ頭で、名港海運の本社などが入る「名港ビルディング」の建替え工事が進んでいます。

名港ビルディング(12月31日 撮影)

名港ビルディング建て替えの前回投稿はこちら

前回投稿から一年弱経ちました。前回投稿時は、まだ基礎工事の段階ですが、一気に躯体が上がってきています。

名港ビルディング(12月31日)

手前は現在の名港ビルディング。すでに躯体は現在の名港ビルディングを越えているのがわかります。

地上18階建て。高さ80.456メートル。完成すればガーデンふ頭では、もっとも高いビルになります。名港ビルディングには、「名港海運」などが入っていて、完成すれば名港海運の新本社ビルになる予定です。

新名港ビルディングは2022年6月末に竣工予定。東京、大阪などの大都市に比べ、名古屋のウォーターフロントは現状さみしい限りですが、今後、徐々にこうした高層ビルがウォーターフロントに増えていくことを期待したいです。

 

 

カテゴリー: 名古屋港

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です