中区栄一丁目。地下鉄「伏見駅」の南西ブロックで建設中の近鉄不動産の高層マンション「ローレルタワー名古屋栄」。前回投稿から一ヶ月が経ちました。

ローレルタワー名古屋栄(10月16日 撮影)

ローレルタワー名古屋栄の前回投稿はこちら

西側のヒルトン名古屋方向から。建物はすでに最上階に達しています。こちら側からみた限りでは、前回投稿と大きな変化はありません。

ローレルタワー名古屋栄(10月16日 撮影)

建物西側からは変化がわかりませんでしたが、東側に回ると上層階のシートが取り外されていました。シックな色合いのスマートな建物です。

ローレルタワー名古屋栄は地上21階建て、高さ72.65メートル。入居がはじまるのは2021年2月下旬のですが、建物自体は年内に完成する予定です。工事はいよいよ仕上げの段階に入ります。

カテゴリー: 伏見

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です