栄の中心部。久屋大通と広小路通りの交差点の南東角で進められている「中日ビルディング」の建て替え工事。前回投稿から一ヶ月が経ちました。

中日ビルディング(10月16日 撮影)

中日ビルディング建て替え工事の前回投稿はこちら

旧ビルの解体工事が概ね終わり、建物は跡形もなくなくなりました。計画では今年度中に解体工事が終わり、建設工事がはじまります。

新中日ビルディングは地上33階、地下5階、高さ170メートルの超高層ビル。

中日ビルディング

新中日ビルディング 完成予想図

建物は三層構造になる予定で、上からホテル、オフィス、商業施設が入る複合ビルです。上層階のホテルは、三菱地所の子会社であるロイヤルパークホテルアンドリゾーツが運営することが決まっています。

中日ビルディング予想図

新ビルの完成は2024年です。栄のシンボル「テレビ塔」の高さが180メートルですから、新ビルはテレビ塔とほぼ同じ高さのビルになります。高いビルの少ない栄地区にとっては、大きなインパクトになることは間違いなさそうです。

カテゴリー: 中日ビル

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です