金山総合駅の北。「アスナル金山」の東側の敷地で建設中だった賃貸オフィスビル「NFC金山駅前ビル」。前回投稿から3ヶ月が経ちました。ついにビルが完成しました。

NFC金山駅前ビル(9月5日 撮影)

NFC金山駅前ビルの前回投稿はこちら

写真手前がNFC金山ビル(地上12階建て)。写真奥がアイシン開発のアルバックスタワー金山駅前(地上27階、高さ90.01メートル)です。ここ数年で、金山駅の北側のスカイラインは一気に上に伸びました。

NFC金山駅前は名古屋市港区に本社を置く化学肥料メーカー日東エフシー。「所有不動産の価値の最大化と資産の有効活用を図る」目的で、開発がすすめられるようになったということです。日東エフシーは金山が”創業の地”。伏見通りを越えた中区正木三丁目では同じく所有土地の有効活用が目的で、東横INN金山駅前も建設中です。

東横INN金山駅前についてはこちら

JR、名鉄、地下鉄が集まり一日平均43万人の人が行き交う交通の要衝でもある金山。名駅、栄に次ぐ名古屋第3の拠点としてより発展するためにも、こうした地元老舗企業の積極投資は大きな力になりそうです。


 

 

 

カテゴリー: 金山

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です