東区泉一丁目。高岳交差点の西側の桜通り沿いで建設中の高層マンション「プレサンスタワー久屋大通ザ・レジデンス」。前回投稿から3ヶ月。躯体はぐんぐん伸びていて、周囲の建物のなかでもかなり目をひくようになりました。

プレサンスタワー久屋大通ザ・レジデンス(8月4日 撮影)

プレサンスタワー久屋大通ザ・レジデンスの前回投稿はこちら

3ヶ月前の前回投稿時には躯体が7階のあたりでしたが、今回撮影時には12階のあたりまで躯体が一気に伸びています。プレサンスタワー久屋大通ザ・レジデンスは、地上23階建て(高さ80.42メートル)の予定なので、ここからさらに倍近くの高さにまで上に伸びると思われます。

完成予想図

開発を手掛けるプレサンスコーポレーションはここ数年、名古屋の都心で次々にマンション建設をすすめていて目をひきますが、高層タワー型の「プレサンスタワー」ブランドを名古屋市内で開発するのはこれがはじめてです。

完成は2021年10月。栄まで徒歩圏内で、名古屋市内で名古屋でも随一の高層マンション街として変貌している泉一丁目地区。今後も目まぐるしく変わる同地区を見守り続けます。

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です