中区栄一丁目。ヒルトン名古屋の東側で建設が進んでいる「ローレルタワー名古屋栄」。前回投稿から3ヶ月。躯体はさらに上に伸びてきました。

ローレルタワー名古屋栄(3月28日 撮影)

ローレルタワー名古屋栄の前回投稿はこちら

写真が若干古い3月28日時点のもので申し訳ありませんが、この時で躯体は14階まで伸びてきています。この一帯は伏見駅が近いこともあり、近年高層の建設物が次々に建設されていますが、そのなかにあってもはっきりと存在感を示してきました。

ローレルタワー名古屋栄

ローレルタワー名古屋栄 完成イメージ

ローレルタワーは地上21階建て。高さ72.45メートル。総戸数は124戸。特徴的なのはこのうち分譲が76戸、48戸が賃貸で、分譲と賃貸が混在しているマンションです。

竣工は2020年12月下旬。完成は2021年2月下旬です。

ローレルタワー名古屋栄のその後についてはこちら

 

カテゴリー: 伏見

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です