名古屋三越の道路を挟んで北向いの「栄角地」。長く塩漬けのままだったこの「栄角地」の再開発がいよいよ実現に向けて動き出します。

栄角地

栄地区再開発の目玉の一つでもあるこの再開発の事業の概要が先日明らかになりました。

地上36階、地下4階。高さ約200メートルの超高層ビル。完成すれば、栄地区では最も高いビルになるということです。

栄角地再開発 完成予想図

地下2階から地上4階は、大丸松坂屋が運営する商業専門店、4階~6階がシネマコンプレックス、9階~25階はオフィスフロア、7階、8階、26階~36階には高級ホテルがはいる複合ビルになります。

完成予想図

再開発事業者は三菱地所、それに日本郵政不動産、明治安田生命、中日新聞社のあわせて4社で構成する企業グループ。栄角地は現在の地権者である名古屋市から同グループが約149億円が購入するということです。

工事の開始は2年後の2022年。完成はさらに4年後の2026年の予定です。中日ビルの建て替えや三越再開発などとともに、数年後の栄地区のスカイラインは大きく変化しそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アートディンク A列車で行こうExp.+ 【PS4ゲームソフト】
価格:7848円(税込、送料無料) (2020/3/28時点)

 

 

カテゴリー: 栄角地再開発

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

1件のコメント

ひろひろ · 2020-03-26 6:46 AM

はじめまして。いよいよ来ましたね。
完成が待ち遠しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です