中区正木三丁目。金山駅の北西で建設中の「(仮称)NFC東横イン」。前回投稿から一ヶ月。前回投稿時には、すでに躯体が最上階まで達しており、一見しただけでは気づきませんでしたが、確実に工事が進捗していることが確認できました。

2月11日 撮影

前回投稿時(1月3日 撮影)と比較すると、その違いは一目瞭然です。

1月3日 撮影

「(仮称)NFC東横イン」の前回投稿はこちら

前回投稿時に比べて、写真左側の部分がせり出しているのがわかります。現地看板などに掲載されている完成予想図では建物の形状はあくまで四角で、クの字型ではないことから、建物全体が分厚くなると思われます。

現地看板に掲げられた完成予想図

NFC東横インは、地上14階建て。高さ55.1メートル。土地の所有者は、名古屋市港区に本社を置く化学肥料メーカー「日東エフシー」で、もともと駐車場が整備されていましたが、資産の有効活用のためこの場所にホテル棟を建設し、日本有数のホテルチェーンである「東横イン」に貸し出し、ホテルを運営してもらうようです。

(仮)NFC東横イン(2月11日 撮影)

建設費用は22億円。ホテルとしてはそこそこ規模が大きいものになりそうです。

「(仮称)NFC東横イン」のその後についてはこちら

 

カテゴリー: 金山

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です