中区丸の内一丁目。円頓寺商店街の東で建設中の「シティタワー丸の内」の躯体が徐々に上がってきました。

2月15日 撮影

前回投稿からおよそ半年が経ちました。前回投稿時は基礎工事がちょうど終わったという段階で、躯体はほとんど上に伸びていませんでしたが、現在は躯体が10階のあたりまで伸びてきております。

シティタワー丸の内の前回投稿はこちら

2月15日 撮影

「シティタワー丸の内」は、地上19階建て、高さ58.44メートル。「シティタワー」ブランドのマンションにしてはあまり大きな規模のマンションではありませんが、今後、躯体がさらに上に伸び、完成時にはそこそこ存在感のある建物になると思います。

完成予想図

近くには、昭和レトロの老舗店が多く残りながらも新しい店舗も増えてきて、このところ魅力が再認識されている「円頓寺商店街」や、古い土蔵や町家を改装したおしゃれなレストランなどが数多くある「四間道(しけみち)」などもあり、都心にも近く立地としては申し分がありません。

完成は2021年4月。およそ一年後です。

 

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です