下鉄「新栄駅」の北側。東区葵一丁目で建設中の大型マンション「シティタワー葵」。前回投稿から3ヶ月。躯体が大きく上に伸びていました。

12月28日 撮影

シティタワー葵の前回投稿はこちら

躯体は現在10階のあたりまで伸びてきています。シティタワー葵は地上20階建て。高さ59.635メートルと超高層のタワーマンションではありませんが、総戸数は354戸と名古屋市内では最大級の大規模マンションになります。

12月28日 撮影

マンション西側からの撮影です。かなり”分厚い”建物であることがわかります。地上20階建て、総戸数354戸なので一階あたり17戸程度の戸数が入る計算です。

12月28日 撮影

南側から。周囲には中規模のマンションなどの建設ラッシュです。そのなかでもシティタワー葵が”大きな壁”となってきました。現在が10階で完成は20階建てになるので、今後さらに躯体は上に伸びます。この一帯はあまり大きな建物はないので、かなり目立った建物になるのではないかと思います。

シティタワー葵 完成予想図

東区は人口8万3000人あまりと小さな区ですが、栄など都心部に近いこともあり人口密度は市内で唯一1万人/㎡を超えている区です。さらに”都心回帰”の流れもあり、さらに人口が増加することが予想されます。今後も、こうした大規模マンション計画が出てくるのではないでしょうか?

シティタワー葵のその後についてはこちら


カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です