金山総合駅前で建設中の「(仮称)NFC金山駅前ビル」。前回投稿から4ヶ月。躯体が一気にあがってきました。

NFC金山駅前ビル

11月23日 撮影

(仮称)NFC金山駅前ビルの前回投稿はこちら

躯体は現在10階部分まであがってきました。細長いスタイリッシュなビルです。ちなみに写真右隣に映っている白い建物は、地上27階建ての高層マンション「アルバックスタワー金山駅」です。

NFC金山駅前ビルは地上12階建て、高さ51.7メートル。完成は2020年7月。今後、躯体はさらに上に伸びます。

完成イメージ

建築主は、名古屋市港区いろは町に本社のある化学肥料の会社「日東エフシー」。本業だけでなく、名古屋市内で不動産事業も展開している会社のようです。なかでも金山駅周辺では金山プラザホテルの運営をしているほか金山駅の北東では「(仮称)NFC東横イン」も建設中で、かなり積極的に投資をしているようです。

(仮称)NFC東横インについてはこちら

日東エフシーは金山が創業の地のようです。おそらく、この地域の大地主なのではないでしょうか?

名駅、栄に次いで「第三の都心」としての地位を確立できるかどうか?金山再開発を巡っては、名古屋の地場企業・日東エフシーがキープレイヤーになりそうです。

NFC金山駅前ビルのその後についてはこちら



 

 

 

カテゴリー: 金山

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です