プライベートが忙しく、前回投稿から少し期間が空いてしまいました。申し訳ありません。しばらくは、若干、更新速度をあげてお伝えしたいと思います。(実際できるかどうかわかりませんが・・・)

今回取り上げるのは、東区泉の外堀通沿いで建設中の「新名古屋市教育館」です。

6月3日 撮影

囲いがとり外され、外観が見えてきました。

6月3日 撮影

外堀通を挟んだ向い側から。

6月3日 撮影

久屋大通を挟んだ向い側から。こちら側は、まだ囲いが一部残っています。

建物は地上8階建て。全面ガラス張りのスタイリッシュな建物です。供用は2019年8月から。これから、内装など仕上げの工事が行われます。

現在の名古屋市教育館は栄の中心地、テレビ塔の南西側にあります。

名古屋市教育館

かなり、年季の入ったビル。写真手前の講堂なども含めると、都心のかなり広い敷地であることがわかります。

新教育館が完成後は機能がすべて移転。跡地については、「繁華街活性化に活用」(2018年10月 中日新聞)としかわかりませんが、かなり潜在能力の高い土地です。今後の動向を注視したいです。

名古屋市教育館のその後についてはこちら

 

 

 

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です