地下鉄丸の内駅近く、日銀前の交差点から南西方向にやや入ったところで建設中の「プラウドタワー名古屋丸の内」。

4月12日 撮影

総戸数142戸、地上22階建て、高さ69.77メートルの高層マンションです。見た感じ、現在14階から15階あたりの骨組み工事が行われている模様です。近くにいくと、かなり圧倒される高さですが、まだ、あと7階ほど上に伸びる予定だということを考えるとかなり、インパクトのあるマンションになりそうです。

「プラウドタワー」ブランドのマンションは現在、泉一丁目でもこのマンションとほぼ同規模の「プラウドタワー名古屋久屋大通公園」が建設中です。

プラウドタワー名古屋久屋大通公園

プラウドタワー名古屋丸の内の竣工は、2020年2月、入居開始は2020年3月下旬です。

プラウドタワー名古屋丸の内のその後についてはこちら

カテゴリー: 伏見

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です