桜通大津の交差点のやや西の桜通り沿いにある「朝日丸の内ビル」というビルが解体準備に入っているようです。

朝日丸の内ビル

すでに、テナントの退去は済んでいるようです。一階に入っていたコンビニエンスストアも退去しており、解体を知らせる張り紙が張られていました。

解体後はどうなるのかについて情報がありませんが、北側の駐車場も含めるとかなりまとまった土地になります。なんらかの再開発がされるのではないかと思います。

朝日丸の内ビルは、竣工が1971年とすでに50年近くたっている古いビルで典型的な百尺ビル(高さおよそ30メートル)です。

百尺ビルについてはこちら

広小路通や錦通に比べると少ないものの桜通り沿道にも、まだこうした老朽化した百尺ビルが数多くあります。こうしたビルの解体、再開発の進行はいわば街の新陳代謝ともいえます。近い将来、こうした百尺ビルの建て替えは、名古屋市の都心のあちこちでみられるようになる気がします。

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です