外観がほぼ完成・・・「名古屋造形大学」新キャンパス建設状況 2022年1月

外観がほぼ完成・・・「名古屋造形大学」新キャンパス建設状況 2022年1月

北区名城2丁目。大津通りを挟んだ名城公園の向かいの敷地で建設が進んでいる「名古屋造形大学」新キャンパスの建設工事。前回投稿から1ヶ月あまり。4月の開校に向け、工事は大詰めの段階を迎えています。

名古屋造形大学新キャンパス(1月18日 撮影)

白を基調にした幾何学的な校舎です。地上5階、地下1階建て。軒高はそれほど高くありませんが、100メートル四方あり、近づくと迫力がある建物です。

「名古屋造形大学」新キャンパス建設についての前回投稿はこちら

建物には名古屋造形大学のロゴも登場しました。

真ん中部分は巨大な吹き抜けとなっています。さすが芸術大学。キャンパスそのものが巨大なアートです。

敷地は地下鉄名城線の「名城公園駅」の真上。アクセスは抜群です。4月には現在、小牧市にある大学の全機能が移転し1,100人の学生がキャンパスに通うことになります。少し南には、2014年に開設、2019年に拡張された「愛知学院大学名城キャンパス」もあります。この一帯は一気に学生街に変貌してきました。

夜には時折、ライトアップした新キャンパスを見ることができます。

白のライトアップが眩しく建物を照らしていて実に幻想的です。おそらく開校後は、このライトアップされたキャンパスを毎日見ることができるのではないでしょうか?名古屋の新夜景スポットとしても話題になりそうです。

名古屋造形大学新キャンパスのその後についてはこちら

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish