地下鉄「久屋大通」駅の北東方向。高層マンションの建設ラッシュが続く東区泉一丁目で、積水ハウスが開発を進めている「グランドメゾン久屋大通」。前回投稿から一ヶ月が経ちました。

グランドメゾン久屋大通(10月23日 撮影)

「グランドメゾン久屋大通」の前回投稿はこちら

建物を覆っていたシートが取り外され、ガラスウォールに包まれた外観がお目見えしました。

「グランドメゾン久屋大通」は、地上17階。高さ57.265メートル。竣工は来月(2020年12月)の予定。この一帯は栄まで徒歩圏内で、近年、市内でも最も人気のある住宅街のひとつとして、高層マンションの建設ラッシュが続いています。「グランドメゾン久屋大通」もすでに完売しているようで、改めてこの地区の住宅地としての人気の高さを実感します。

先月(2020年10月)には、久屋大通公園もリニューアルオープンしていて、今後さらに人気も高まりそうです。

久屋大通公園のリニューアルについてはこちら

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です