中区丸の内一丁目。円頓寺商店街の東の一体で住友不動産が開発しているタワーマンション「シティタワー丸の内」。前回投稿から2ヶ月が経ちました。

シティタワー丸の内(10月23日 撮影)

シティタワー丸の内の前回投稿はこちら

「シティタワー丸の内」は、地上19階建て。高さ58.44メートル。躯体はすでに最上階近くにまで達しているようにみえます。

シティタワー丸の内(10月23日 撮影)

マンション南側から。すでに8割型シートが取り外されガラス張りのシティタワーブランド特有の外観がみえてきました。

完成予想図

「シティタワー丸の内」の総戸数は108戸。シティタワーブランドのなかではやや小規模なマンションですが、それでもそこそこの規模があるマンションです。

入居の開始は2021年3月。栄地区・名駅地区双方にほど近い上、周辺には昭和レトロの魅力が残る「円頓寺商店街」や、古い街並みが残る「四間道」が広がっていて、充実した都心ライフが送れそうです。

カテゴリー: 丸の内

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です