名鉄瀬戸線の清水ー尼ヶ坂駅間の高架下で整備がすすんでいた「SAKUMACHI商店街」。一年前の2019年4月に尼ヶ坂駅寄りの半分が部分オープンしましたが、2020年3月27日に残り半分がオープンしました。

SAKUMACHI商店街 二期

SAKUMACHI一期オープン時の投稿はこちら

SAKUMACHI二期についての前回投稿はこちら

SAKUMACHI商店街二期

「SAKUMACHI商店街」2期がオープンしたのは3月27日。新たにオープンするのは11店舗。黒川が本店の「焼き肉レストラン かわちどん」や新鮮な魚料理を楽しむことができる「SAKANA FACTRY(サカナファクトリー)」など、飲食店が多く進出しています。

SAKUMACHI商店街のテナントについてはこちら

商店街をプロデュースしたのは名古屋市内に事務所があるリノベーション会社「EIGHT DESIGN(エイトデザイン)」です。

高架下にプレハブを設置しただけというシンプルなつくりではありますが、かなりおしゃれな仕上がりとなっています。周囲は名古屋市内でも有数の高級住宅街の「白壁地区」ですが、周囲の雰囲気からも違和感がなくハイセンスな商店街が出来上がっています。

外出自粛要請や緊急事態宣言発令に伴う営業自粛要請など、予想外のことが起こっていてかなり厳しい船出となったのではないかと思いますが、ここにきてようやく商店街の”にぎわい”も出てきています。市内にまた一つ”名所”が、誕生しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人の名古屋(vol.47) 一度は行きたいワインの店 (MH-MOOK)
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/6/5時点)

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です