中区丸の内三丁目。外堀沿いで行われていた産業貿易館西館の解体工事がほぼ終了しました。

産業貿易館西館 解体工事(2月15日 撮影)

産業貿易館西館の前回投稿はこちら

やや古い写真で申し訳ありませんが、建物はすでになくなり、かなり見通しがよくなりました。

道路を挟んで東側の産業貿易館本館の方はすでにすでに解体が終わり、JR東海に売却。現在はリニア中央新幹線に電力を供給する「名城変電所」が建設中です。

産業貿易館本館跡地(2月15日 撮影)

産業貿易館は愛知県の施設。跡地についての情報はありません。産業貿易館の機能はすでに名駅地区に2009年に開館した「愛知県産業貿易センター ウインクあいち」などに移転しており、民間などへの払い下げなどが検討されるのかもしれません。

ただ外堀通りを渡って北側の三の丸地区にも愛知県庁の西庁舎や愛知県警本部など老朽化した県施設が数多くあります。こうした県施設のどれかを移転建築し、さらに空いた土地に新たな県施設をつくるといったドミノ式に建設されるといったように、この界隈の新陳代謝につながるのもいいのではないでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつまれ どうぶつの森 Nintendo Switch HAC-P-ACBAA
価格:6240円(税込、送料別) (2020/3/28時点)

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です