中区丸の内三丁目。大型再開発計画が始動している「朝日丸の内ビル」の解体工事の裏側で、新たなシティホテルが建設されるようです。

朝日丸の内ビルについてはこちら

2月9日 撮影

「(仮称)丸の内三丁目計画」。地上12階建て、高さ41.5メートル。ホテルと店舗の複合ビルが建設されるようです。ホテルは首都圏地盤の「LiVEMAX(リブマックス)」が進出予定のようです。

現地看板より

リブマックスは不動産管理等をしながら全国でホテル運営を展開。名古屋でも4つのホテルを展開しています。

建物の建築主は書籍卸のトーハン(新宿区)です。7月までこの場所にトーハンの名古屋支店がありましたが、大須に移転したようです。

おそらく所有している土地を再開発してホテルを建設し、リブマックスに運営を依頼するという座組ではないかと思われます。

稿のあたまに触れた「朝日丸の内ビル」をはじめ、丸の内三丁目はこのところ再開発が活発に行われている地域です。今後も注目していきたいと思います。

 

 

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です