中区丸の内三丁目。桜通り沿いで解体が進んでいる「朝日丸の内ビル」。「きわ」さんよりコメント欄にも情報をいただきましたが、跡地には高さ85メートルの高層タワーマンションが建設されるようです。

2月9日 撮影

ビルの解体は終盤にさしかかっているようです。前回投稿から2週間ほどしか経っていませんが、ほぼ姿かたちがなくなり現場の風景は大きく変わりました。

朝日丸の内ビルの前回投稿はこちら

現地には跡地利用についての看板が掲げられました。看板によりますと地上には地上25階建て、高さ85.70メートルの、共同住宅(分譲)が建設されるようです。建築主の欄には「京阪電鉄不動産株式会社」(大阪市)、「名鉄不動産株式会社」(名古屋市)、「セキスイハイム東海株式会社」(浜松市)の3社の名前が書かれています。マンションは3社のJVによる建設になるようです。

2月9日 撮影

敷地、北東側から。写真奥の建物は、桜通りを挟んで向かい側に建っている高さ70メートルの「JAあいちビル」です。マンションの高さは85メートルですので、このビルよりさらに15メートル高い建物になります。完成すれば、かなり存在感のあるタワーマンションになりそうです。想像していたものより大きな再開発になりそうです。

現地の看板によるとマンションの建設開始は4ヶ月後の2020年6月。今後、建設の様子を見守りたいです。

朝日丸の内ビル跡地のその後についてはこちら

 

 

 

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

1件のコメント

江戸っ子 · 2020-02-15 2:29 午前

田舎?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です