金山総合駅の駅前で建設中のNFC金山駅前ビル。前回投稿から一ヶ月あまり。ついに躯体は最上階に達したようにみえます。

1月3日 撮影

NFC金山駅前ビルの前回投稿はこちら

NFC金山駅前ビルは地上12階建て。高さ51.7メートル。写真右隣は2015年竣工の高層マンション「アルバックスタワー金山駅前」(地上27階、高さ90.91メートル)です。「アルバックスタワー金山駅前」も細長い、スタイリッシュな建物ですが、「NFC金山駅前ビル」も細長いスタイリッシュなビル。この一帯は2本の細長いビルがならぶ光景がみられそうです。

完成イメージ

NFC金山駅前ビルの完成は半年後の2020年7月。JR、名鉄、地下鉄が集まる交通の要衝でありながら、正直、これまでいまいち垢抜けない印象のあった金山ですが、徐々に高層建設も出来てきています。名古屋市は金山周辺を、民間業者が不動産の開発する際に、規制緩和や国などからの金融・税制支援を受けられる「都市再生緊急整備地域」に申請する方針を打ち出しています。今後、さらに目が離せない地域となりそうです。

「(仮称)NFCビル金山駅前」のその後についてはこちら


カテゴリー: 金山

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です