栄徒歩圏内。全国的な「都心回帰」という流れもあり、10年ほど前から大規模マンションの建設ラッシュが続いている泉一丁目。

泉一丁目のマンション建設ラッシュについてはこちら

その泉一丁目で建設されているマンションでも最も販売戸数が多い大規模なマンションが、今回取り上げるプラウドタワー名古屋久屋大通公園です。

9月20日 撮影

前回投稿は一ヶ月半前の8月初旬。当時は15階部分を建設中でしたが、躯体は19階部分まであがってきました。

プラウドタワー名古屋久屋大通公園の前回の記事はこちら

9月20日 撮影

マンション北側から。躯体は今後さらに伸びる予定です。周囲の建物から頭一つ抜ける感じになりそうです。

プラウドタワー名古屋久屋大通公園は、地上22階建て高さ67.71メートル。149戸が入居できるマンションで、2020年3月に入居開始予定です。

プラウドタワー名古屋久屋大通公園のその後についてはこちら

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です