JRと名鉄、地下鉄合わせて一日43万人の乗降客がある金山駅。愛知県内では名駅に次いで多くの人が行き交う一大ステーションです。

この金山駅前、アスナル金山の西で(仮称)NFC金山駅前ビルの建て替え工事が進んでいます。

7月16日 撮影

現在は、旧ビルの解体工事が終わり新しいビルの建設工事がはじまったところ。まだ基礎工事の段階と思われ、躯体があがってくるのはこれからです。

新ビルは地上12階建て、高さ51.7メートルの賃貸オフィスビル。

完成イメージ

建て替え工事を手掛けているのは、日東エフシーという港区に本社がある化学肥料の製造・販売を行う会社。1995年に名証2部、2015年に東証1部、名証1部に上場している地元企業です。化学肥料の製造・販売だけではなく、ホテル運営(金山プラザホテル)、不動産賃貸事業(NFC名駅ビル、NFC丸の内ビル)、など多角的に経営も行っています。

NFCビルの完成は2020年7月です。

NFC金山駅前ビルのその後についてはこちら

 

カテゴリー: 金山

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です