地下鉄「久屋大通」駅の北東。高層マンションが乱立している泉一丁目地区に、また新たな高層マンションの建設がはじまっています。

積水ハウスの「グランドメゾン久屋大通」。

7月3日 撮影

地上17階、総戸数77戸。積水ハウスはすでにこの地区に「グランドメゾン泉」を建設していて、「グランドメゾン」ブランドは、泉一丁目で二つ目です。

完成予想図

完成予想図を見る限り、シックな色が基調のスタイリッシュなマンションとなりそうです。完成は2020年12月、入居開始は2021年1月で、間もなく販売も開始されるようです。

この地区は、名古屋市内でも一、二を争う高層マンションの激戦区。

7月3日 撮影

予定地東側から撮影。写真奥にみえるのは、この地区最大の超高層マンション「シティタワー名古屋久屋大通公園」。現在もこの一角にはほかにも「プラウドタワー名古屋久屋大通公園」、「プラウド久屋大通」「プレサンスタワー久屋大通ザ・レジデンス」と3つの高層マンションの建設が並行して進んでいます。

これだけ一気に建設されると供給過多になるのでは?とも思いますが、栄徒歩圏内ということもあり人気も高ようです。今後もこの高層マンションの建設ラッシュは続くのではないでしょうか?

グランドメゾン久屋大通のその後についてはこちら



 

 

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です