テレビ塔の北東、ブロッサの南向いで建設が計画されている「オープンレジデンシア久屋大通」。

6月19日 撮影

現在は基礎工事中の様子です。敷地は結構狭いですが、計画されている建物は地上15階建て、総戸数は56戸の予定。かなり、細長いマンションになることが予想されます。

建設を手掛けるオープンハウスは首都圏地盤のマンションディベロッパーですが、このところ名古屋市内でも都心部を中心に積極展開を続けています。

「オープンレジデンシア久屋大通」の完成は2020年9月上旬。入居は9月下旬の予定。

旧住商ビルの再開発予定地もすぐ近くにあり都心至近というより、都心そのものにあるマンションで、高い人気となりそうです。

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です