中区丸の内3丁目で建設中の日本郵政名古屋ビルのカーテンウォールが一部外されはじめ、外観があきらかになってきました。

3月30日 撮影

う~ん。なんとなく味気ない。民営化されたとはいえ、「典型的な役所のビル」といった感じで、垢抜けない感じがします。

ただ、このビルかなり横長のビルで、外堀通りからみるとかなり迫力あります。

3月30日 撮影

細かな情報があまりないこのビルですが、ゆうちょ銀行の事務機能が、入るようです。地上7階建てと、あまり大きなビルではありませんが、横長であることからかなりのオフィス面積が確保されそうです。外堀通りを越えた三の丸地区にある名古屋西郵便局名古屋貯金事務センター内分室など、周辺には低層利用しかされていない日本郵政の機能もいくつかあります。こうした機能をこのビルに集約することで、再開発に期待がもてる新たな用地が産み出されることを期待したいです。

日本郵政名古屋ビルの以前の記事はこちら

日本郵政名古屋ビルのその後についてはこちら

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です