市内のホテル需要が逼迫しているのを受けて続いているビジネスホテル建設ラッシュ。そんななかで、関西を地盤とするホテル京阪チェーンが名古屋に初進出します。

「ホテル京阪 名古屋栄」は、ちょうど一年後の2020年春ごろ開業予定。地上13階建てで、客室数は259室ということです。

完成予想図

ビジネスホテルにしては、そこそこの規模だと思います。

3月16日 撮影

工事はまだ基礎段階のようで、まだ躯体はあがってきていません。

ホテル京阪は、大阪、京都の他、札幌と東京でチェーン展開していて、名古屋は5都市目の進出となります。現在は10店舗のこのホテルチェーン。USJの入り口近くにあるユニバーサルタワー(高さ137メートル)などが有名です。

比較的勢いのあるホテルチェーン。今後、名古屋地区への更なる投資についても期待したいです。

ホテル京阪名古屋栄のその後についてはこちら

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です