テレビ塔のやや北、高層ビルへの建て替え計画が進んでいる旧住商ビルの解体工事が概ね終了したようです。

3月16日 撮影

解体工事が終了して、建物は跡形もない状態です。跡地の再開発はNTT都市開発が担当。地上20階建て高さ96メートルの高層ビルが建設されます。都市再生の特別区に指定されているこの地域。容積率も通常の770%から1100%に緩和されるということです。一階部分に店舗、2階以上にオフィスが入居予定で、となりのアーバンネット名古屋ビルや、地下街のセントラルパークとも、連絡通路で結ばれるということで、栄北地区の賑い創出には欠かせない存在となりそうです。

ただ新ビルの着工は2019年秋ごろの予定で、まだ半年ほどあります。その間この土地は、空き地のままなのか?若干気になります。新ビルの完成まで定期的にウォッチしたいと思います。

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です