大須の赤門交差点から一本入ったところ、通称電気街沿いにあった「大須中公設市場」。大須の名物の一つともなっていたこの市場も、時代の流れに翻弄されて徐々に店舗が減少。老朽化で2年前におよそ100年の歴史に幕をおろし、解体されました。

いまどうなっているのか確かめようと久しぶりに現地を訪れところ、新しい建物の新築工事が進んでいました。

2月9日撮影

現場には(仮称)大須三丁目計画の文字。再開発を担っているのは矢作建設グループです。建物は三階建て。詳しい情報はわかりませんが、事務所・物販店・飲食店などが入る予定ということで、場所がらなんからの商業ビルになるのではないでしょうか?因みに、現地には、テナント募集の文字があったので、具体的になにが入るかは、まだ決まっていないのかもしれません。いずれにしても、雑多な文化が入り交じっているのが魅力の大須の新たな顔になるようなビルになることを期待したいです。

(仮称)大須3丁目計画 その後についてはこちら

カテゴリー: 大須

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

1件のコメント

天白区の人 · 2019-07-08 7:02 AM

すでに建物はできていますよ。Multina BOXという名称だそうです。
現在は内装工事や搬入業者向け駐車場の整備をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です