超高層ビルが次々に完成する名駅地区に押され、影がどんどん薄くなってきた栄地区。

しかし、その栄地区がいまアツい!

久屋大通公園の再整備、中日ビルの建替え、栄公園の開発、丸栄跡地の開発…

わくわくするような話題が目白押しです。

そんななか、すでに動きだしているのが、東桜一丁目一番地区。旧住商ビル跡地です。

2019年 1月19撮影

場所はテレビ塔北側。地上20階地下1階。高さ96メートルの複合ビルを建設予定です。

地下一階と一階が店舗。2階以上がオフィスで、2階から4階の久屋公園側にはテラスも建設予定。

現在、これまでの住商ビルを解体工事中です。

現地 看板

解体は1月31日までのようですが、19日現在建物は跡形もなくなくなっていました。

1月19日現在

新ビルの建設開始は、2019年10月から。完成は2022予定です。完成すれば、栄のまちに花を添える存在になりそうです。

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です