既存施設が解体へ・・・愛知県体育館建設へ向け着々と計画が進捗 2021年11月

既存施設が解体へ・・・愛知県体育館建設へ向け着々と計画が進捗 2021年11月

名古屋城の北。名城公園内に2026年に名古屋で開催されるアジア競技大会に向けて新「愛知県体育館」が整備されることが決まっています。

新愛知県体育館イメージ

最大1万7,000人が収容(立ち見を含む)できる国内最大級の屋内型スポーツ施設です。

大相撲名古屋場所が開催されるほか、スポーツの国際大会の基準も満たしており、完成すればバスケットやバレー、フィギュアなどの国際大会が数多く開催されると思われます。また大型コンサートなどを開催することも可能です。

新愛知県体育館の概要についてはこちら

新体育館が建設されるのは、名城公園の野球場。都心に近く少年野球や草野球などで人気のスポットです。

市民にとって貴重な施設ですが、当然、新愛知県体育館の建設がはじまれば閉鎖されることになります。公園を管理している愛知県に対して名古屋市は、新体育館建設に伴う公園機能の縮小に対する代替機能の確保を求めていました。これを受け公園の北側では、県スポーツセンター跡地に新たに野球場の建設がはじまっています。

現地に掲げられている看板には工事期間が、「令和4年3月15日」となっています。おそらく今年度(2022年3月末)で名城公園野球場が閉鎖されて、2022年4月以降いよいよ新体育館の建設がはじまるのではないかと思われます。

新体育館の建設に向け、11月からは公園施設の取り壊し作業をはじめることを知らせる立て看板が立てられました。

10月30日 撮影

プールなどの施設が取り壊しの対象となります。撮影日は10月30日。取り壊し工事がはじまる直前の様子です。

いよいよはじまる新愛知県体育館建設に向けた工事。新体育館の完成はアジア大会開催直前の 2025年。世界に誇れるような立派なアリーナが完成することを期待したいです。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish