中村区名駅四丁目で建設が進んでいたグルメビル「コレクトマーク名駅四丁目」。前回投稿から8ヶ月が経ちました。これまで長く基礎工事が続いていましたが、現地ではようやく変化がみられました。

コレクトマーク名駅四丁目(10月23日 撮影)

「コレクトマーク名駅四丁目」の前回投稿はこちら

場所は名駅の超高層ビル街の一角。三井ガーデンホテルなどが入るシンフォニー豊田ビルの東隣の敷地です。まだわずかではありますが、現地では躯体が伸びはじめているのが確認できます。

(仮称)コレクトマーク名駅四丁目(10月23日 撮影)

「コレクトマーク名駅四丁目」は、地上11階建て、高さ44.3メートル。飲食店舗や物販店舗などがテナントとして想定されています。

開発を進めているのは「MULプロパティ」という三菱UFJリースの子会社です。本社は東京のようですが、名古屋が地盤の会社のようで、キンシャチ横丁の事業にも参加しています。

当初の竣工は今月末でしたが、コロナ禍もあってか工事は大きく遅れているとみられます。ただ躯体工事の段階に入り、今後、日々する変化の様子をお伝えすることができると思います。

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です