名古屋駅から錦通りを栄方面に少し行ったところ。江川線と交差する「西柳町」の交差点の南西角で建設中のシティホテル「イビススタイルズ名古屋」。前回投稿から3ヶ月が経ちました。オープンも来月16日に決まり、開業に向けて順調に準備がすすんでいるようです。

イビススタイルズ名古屋(9月19日 撮影)

イビススタイルズ名古屋の前回投稿はこちら

写真はおよそ一ヶ月前のもので若干古いですが、外観はほぼ完成しています。

イビススタイルズ名古屋は地上14階、地下1階。高さ47.10メートル。建物自体は関西地盤の不動産会社の「サムティ」が建設し、フランスのアコーグループのホテルブランド「イビススタイルズ」が名古屋初進出となります。

このホテルを巡り注目すべき点はほかにもあります。

イビススタイルズ名古屋(9月19日 撮影)

交差点の角が不自然な形で、開いています。実はこの場所では、地下鉄東山線の柳橋新駅構想があります。

地下鉄東山線「柳橋新駅」構想はこちら

ホテルの真下に設けられている空き地は「柳橋新駅」出入り口のためのもの?という希望的観測をもってしまいます。

いずれにしても名駅からも徒歩圏内という好立地です。全国的に徐々にホテル需要が戻りつつある昨今。需要さえ戻れば競争力のあるホテルになりそうです。

カテゴリー: 未分類

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です