栄中心部で進められている中日ビルの建て替え工事。前回投稿から一ヶ月。旧ビルの解体は着実に進んでいるようです。

旧中日ビル(4月15日 現在)

旧中日ビル解体工事の前回投稿はこちら

これまで外からではほとんどわからなかった解体の進捗状況ですが、ここにきて一気に工事が進んでいることをみてとれます。

旧中日ビル(3月14日 撮影)

建物の北側の解体が特に進んでいるようで、南側と比較して囲いが一弾と低くなっているのがわかります。撮影日の3月15日はすでに愛知県が独自の緊急事態宣言を出している最中でしたが、工事は続いているようで近くにいくと槌音を聞くことができました。

中日ビルは2020年度中に旧ビルが解体工事された後、2024年度の完成を目指して、新中日ビルの建設がすすめられます。

中日ビル

新中日ビル 完成予想図

新ビルは地上31階、地下4階。高さはテレビ塔(高さ180メートル)とほぼ同じの170メートルになります。

緊急事態宣言下にあっても着実に名古屋の街は進化をし続けています。しばらくは活動範囲を狭めての取材活動になりますが、引き続き街の変化をウォッチしていきたいと思います。

中日ビル建て替え工事のその後についてはこちら

カテゴリー: 中日ビル

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です