東区泉一丁目。高岳交差点のやや西側の「旧棚橋病院」の跡地で建設が進んでいる「プレサンスタワー久屋大通・ザ・レジデンス」。前回投稿から一年あまり経ち、ようやく躯体が上に伸びてきております。

プレサンス・ザ・タワー久屋大通(3月22日 撮影)

プレサンスタワー久屋大通・ザ・レジデンスの前回投稿はこちら

時節柄あまり外出することもできず、写真が少し前に撮影した古いものしかなく大変申し訳ありませんが、撮影当時で躯体は3階まで上がってきました。現在はもう少し上まで伸びているかもしれません。

現地は2016年に棚橋病院が解体後、東急不動産が高層マンションの建設計画を伝える案内看板を設置していました。ただその後しばらく動きがなく塩漬けになっていましたが、建設業者がプレサンスコーポレーションに代わり(事情がわかりませんが)、工事が開始されていました。

完成予想図

 

プレサンスタワー久屋大通ザ・レジデンスは地上23階建て高さ82.40メートル。総戸数は63戸でそれほど大きな規模ではありませんが、高さは周辺に比べても頭一つ抜けた高層マンションになります。

入居の開始は2021年9月。残り一年半後です。

プレサンスタワー久屋大通ザ・レジデンスのその後についてはこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サラリーマンを辞めたくなったら読む 不動産投資の本 [ 台場 史貞 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/4/12時点)

 

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です