栄中心部から南東方向。栄5丁目の地下鉄「栄」駅と「矢場町」駅の中間あたりで建設が進んでいる野村不動産のタワーマンション「プラウドタワー栄」。前回投稿から8ヶ月。長く基礎工事が進んでいましたが、ようやく躯体が上がってきました。

プラウドタワー栄(3月3日 撮影)

プラウドタワー栄についての前回投稿はこちら

躯体は2階のあたりまで、伸びています。今後、ペースを上げて伸びていくものと思われます。

「プラウドタワー名古屋錦」をはじめ、「プラウドタワー名古屋丸の内」、「プラウドタワー名古屋久屋大通公園」と、このところ名古屋都心部でのプラウドタワーブランドの建設が加速しています。

プラウドタワー名古屋錦

プラウドタワー名古屋丸の内

プラウドタワー名古屋久屋大通公園

プラウドタワー栄は地上23階建て。高さ75メートル。この一帯では、新中日ビルに次ぐ、高さの建物になります。

プラウドタワー栄 完成予想図(公式HP)より

完成はおよそ1年後の2021年3月の予定です。

カテゴリー: 栄南地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です