愛知県は”日本一の企業”トヨタ自動車の本拠地です。連結ベースの年間の売上高は30兆2,257億円(2019年度3月期)。大国ロシアの国家予算をも上回る巨大企業です。

この世界に誇る巨大企業も、もともとは前身の「豊田自動織機」の敷地の一角にあった小さな納屋から生まれ、戦後すぐの1950年には経営危機も経験しています。わずか70年前は”よちよち歩きの子供”でした。

愛知県は今、こうしたかつてのトヨタ自動車のような、よちよち歩きのスタートアップ企業の育成に力を入れています。名古屋市昭和区の鶴舞公園隣、元県勤労会館跡地には、スタートアップ企業の支援施設「ステーションAi」が建設される予定です。

ステーションAi建設予定地(2月11日 撮影)

ステーションAiは2年後の2022年春に完成予定。低層階にカフェなどの商業施設、中層階にスタートアップ企業が利用できるコアワーキングスペースが整備され、上層階に宿泊・研修スペースが整備されます。

かつての六本木ヒルズがそうだったように新興企業が集まるところには、いくつかの相乗効果とイノベーションもうまれます。

ステーションAiにも様々なスタート企業が集うことによって、新たなイノベーションも期待できるのではないでしょうか?

いずれにしても、この場所からトヨタのような世界にはばたく企業がいくつも誕生してほしいものです。

カテゴリー: 鶴舞

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

4件のコメント

名古屋市長 · 2020-03-03 9:42 午後

スタートアップエコ拠点都市の発表が間近です。
政治的には名古屋は弱い⁈ような気がしますが、杞憂で終わって欲しいです。名古屋、関西、福岡になりますように。

    Kei · 2020-03-04 11:10 午前

    カワムラ市長の発信力に期待してます! 「有松絞り」着て、「ナゴヤ弁」丸出しで、メディアにもっと出てくださいね〜
    応援してますよ〜

· 2020-03-03 10:14 午後

スタートアップエコ拠点都市の発表間近です。 政治上的に弱い⁈都市であると思いますが、最終的には世界的な産業都市である優位性を更に進化させる理由を以ってして選定されるでしょう。

    Kei · 2020-03-04 11:01 午前

    名古屋生まれ、名古屋育ちの、生粋の「ナゴヤン‼」です。「栄」は青春を謳歌した街。名古屋らしい再開発、期待してます!

    東京資本に占拠されてる、名古屋駅周辺の賑わい、冷やかな目で見てます。

    「栄」は名古屋らしさで、再度発展してほしいのに…栄地下街リニューアル、名駅の二の舞でガッカリ!!!

    名古屋ブランドの老舗の皆さん、もっとがんばれ〜
     
    Kei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です