西区名駅一丁目。JPタワーズの裏手で建設が進む「(仮称)名駅一丁目計画」。前回投稿から2ヶ月弱。7割~8割型窓ガラスが取りつけられ、完成に向け外観が整ってきました。

(仮称)名駅一丁目計画 (2月15日 撮影)

(仮称)名駅一丁目の前回投稿はこちら

左側のビルは日本郵政の超高層ビル「JPタワー名古屋」(地上40階 195.74メートル)です。JPタワーとの間には、ペデストリアンデッキも整備される予定です。こうしてみるとJPタワー名古屋の子供のようにもみえ、なんだか微笑ましいです。

(仮称)名駅一丁目計画(2月15日 撮影)

「(仮称)名駅一丁目計画」は、地上14階、地下1階。高さ66.83メートル。JPタワーと比較すると子供のようにしかみえませんが、近くでみるといい意味で威圧感のあるビルです。仮に名駅でないところに建設されていれば、そこそこ存在感のある建物になっていたのではないでしょうか?

名駅一丁目計画

「(仮称)名駅一丁目計画」は、およそ半年後の2020年夏頃竣工予定です。

(仮称)名駅一丁目計画のその後についてはこちら

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です