名駅の超高層ビル街のど真ん中で建設中の「(仮称)名古屋三井ビルディング北館」。前回投稿からおよそ一ヶ月。建設は順調に進んでいるようです。

2月9日 撮影

名古屋三井ビルディング北館の前回投稿はこちら

躯体は一部で17階のあたりまであがってきました。完成時には20階建てになる予定です。建物はもう少し上に伸びそうです。

また、下の方から徐々に窓ガラスの取り付けがはじまっています。窓ガラスの取り付けは10階あたりまできています。

2月9日 撮影

手前のビルがスパイラルタワー(高さ 170メートル)、奥のビルがミッドランドスクエア(高さ 247メートル)です。2つの超高層ビルに挟まれるとさすがに迫力負けしますが、超高層ビル街にあってもたしかな存在感を示しています。

名古屋三井ビル北館1

完成イメージ

(仮称)名古屋三井ビルディング北館は、地上20階建て、高さ99.75メートル。完成は2021年1月末です。

「(仮称)名古屋三井ビルディング北館」の、その後についてはこちら


 

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です