港区入船町二丁目。名古屋港水族館などのレジャー施設がある名古屋港ガーデンふ頭で高層ビルの建設がはじまりました。

2月8日 撮影

名港ビルディング建設プロジェクト。地上18階建て。高さ80.456メートル。レジャー施設だけでなく海運関係の企業もあるガーデンふ頭ですが、この高さはかなりず抜けたビルになると思います。

2月8日 撮影

写真奥は「シートレインランド」の観覧車。高さは85メートルなので新ビルはこの観覧車に遜色ない高さの建物になります。

現 名港ビルディング

現場の南側には現在の名港ビルディングがあります。地上9階建て、1970年竣工のビルで建設から50年経ちます。今回の工事はこの名港ビルディングの建て替え工事で、フロアは現在の倍になることになります。

名古屋港ガーデンふ頭

名古屋港ガーデンふ頭の遠景です。写真左側の建物が、現在の名港ビルディング。新ビルはそのうしろ側の敷地で建設中です。高さ80メートルの新ビルが建つとガーデンふ頭のスカイラインも大きく変わりそうです。ビルの屋上に展望台を設ければ、人気の観光地になりそうです。

レゴランドやポートメッセなごやの移転など、ここ数年は名古屋港でも金城ふ頭の開発の話題が多く、ガーデンふ頭の話題はほとんどありませんでした。2つのふ頭が切磋琢磨して魅力あるウォーターフロントをつくっていってほしいものです。


カテゴリー: 名古屋港

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です