地下鉄名城線「矢場町」駅から徒歩1分。地下鉄「栄駅」からも徒歩圏内の中区栄5丁目で建設中の中規模マンション「オープンレジデンシア栄THE COURT」。

2月1日 撮影

地上15階建て。総戸数56戸のマンションです。入居開始は2020年8月。建物はシートで覆われており、工場の進捗状況を詳細に知ることはできませんが、おそらくすでに最上階まで躯体が伸びているのではないかと思います。

完成予想図

オープンレジデンシアは、首都圏が地盤の不動産会社オープンハウスグループ傘下のマンションディベロッパー「オープンハウスディベロップメント」が提供するマンションブランド。

2017年と18年の2年に亘り首都圏の販売戸数がトップとなるなど、このところかなり勢いのあるディベロッパーで、名古屋にも2016年に初進出して以降、都心部を中心に次々に分譲マンションを供給しています。地下鉄「丸の内駅」周辺では、2021年の春から秋にかけて相次いで3棟(総戸数合わせて196戸)のマンションを建設する計画も打ち出しており、今後も目が離せないディベロッパーの一つです。

オープンレジデンシアTHE MID PROJECT


カテゴリー: 栄南地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です